牛嶋神社から12年に一度の「牛のお守り」


2020年11月26日

 

12年に一度、丑年の「牛のお守り」が完成。

「牛嶋神社」東京都墨田区では、12年に一度の丑の年に作られる焼き物の「牛のお守り」が完成し、12月中旬頃から神社で頒布される。

 

牛嶋神社から12年に一度の「牛のお守り」が完成。

 古来より牛嶋神社にかかわる伝説・縁起は数多くあり、江戸時代初期に、境内に撫牛(なでうし)の石像がまつられて信仰をあつめ、12年に一度の丑の年には、焼き物の「牛のお守り」が作られるようにり、12年毎に形を変えて敬愛され続けている。

 2021年は丑年、牛嶋神社では、来年のお正月を迎えるに当り、この新しい「牛のお守り」が奉製された。

 


 

 この「牛のお守り」は、古来、牛嶋神社が12年に一度、丑のとしの年頭にお出しするお守りで、鎮座千百六十余年の歴史から生まれた信仰のひとつとして、神社境内にまつられている「撫で牛」にちなんで奉製されている。


 この「牛のお守り」を身近なところに安置し、願いごとが叶った際には、手作りの布の小座布団をこの牛に敷かせてあげると、また次の幸福が得られるという、古くからの縁起が伝えられている。


 12月中旬頃から年明けに、牛嶋神社にて2,000円で頒布される。

詳しくは、牛嶋神社へお問い合わせください。

 

牛嶋神社境内にまつられている撫牛(ナデウシ):自分の身体の悪い部分と同じ場所を撫でると、病気が治ると言われている。
牛嶋神社境内にまつられている撫牛(ナデウシ):自分の身体の悪い部分と同じ場所を撫でると、病気が治ると言われている。


NPO法人 日本お祭り推進協会リアルジャパン'オンは日本の祭りを応援します。

観光庁, DISCOVER the SPIRIT of JAPAN
世界が夢中な東京へ, Tokyo Tokyo Old meets New
 日本政府観光局, JINTO


東京2020オリンピック・パラリンピック, TOKYO2020,


real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル
リアルジャパン'オン:メール問合せ


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on