Feel the Rising Fever of Traditional “Matsuri” 02

祭りに夢中 02


The enormous power and energy of the local people is gathered and incorporated, an extraordinarily exciting and uplifting feeling is created for the "Matsuri".Although traditions and conventions are inherited for generations through "Matsuri", irrespective of age or sex, everyone can truly enjoy the "Matsuri" atmosphere.  Once you are addicted to the charm of "Matsuri" festivals, you are already in love with the strong beat of festival songs and the calls of the miniature shrine carriers.

These "Eddoko" children grew up by looking at parents who loved "Matsuri".  They all have a special feeling about the time when they could first attend the local "Matsuri" as an adult and a community member.  Finally I am a member of the local society, admitted as an adult, wearing the loincloth as an adult miniature shrine carrier.  All of these bracing experiences in becoming a "Matsuri" participant are similar to the rituals in becoming an adult.  Persons with the same goal to carry a "Mikoshi" miniature shrine are together, and feel the elevated mood and togetherness of being together special to the "Matsuri" experience.  Some of the "Matsuri" lovers say All my life is aimed at enjoying the day of our local "Matsuri" and the rest of the year is dedicated to the preparation for the "Matsuri" day. For these "Matsuri" lovers, "Matsuri" is a year long event and as soon as this year's "Matsuri" is over, they start thinking about next year's "Matsuri".  They are really living for "Matsuri".

 

There are some young fathers and mothers who bring their children with them to participate in the "Matsuri".  By doing that, these parents are teaching their children about Japanese traditional culture and the manners of Japanese society.  Their parents appreciate and welcome their children and grand-children coming back for a reunion during their native town's local festivals.


 

 This is the best contribution you can make to grand-parents.  In modern society, lack of communication is a deep concern even among family members.  People's relations and associations are becoming shallow in society nowadays.  On the contrary, a community which is brought together by "Matsuri" builds a marvelously lively society. This sense of unity might be the biggest reason to attract people to gather for the "Matsuri".  Therefore, Japanese "Matsuri" culture existing in local communities is passed along by generations for hundreds of years.  You don’t need a reason to participate in the "Matsuri".  "Matsuri" always exists as a communication center for the people who gather together for it.  This fever of "Matsuri" will never fade away and it will always exist.  Once you attend a "Matsuri" festival, you will be entranced by the fever of "Matsuri".

 

これほどまでに魅力を放つ祭りに魅せられ、神輿担ぎの同好会を立ち上げる若い世代も。

同好会は祭りを求め、関東近郊から時には信越、東北まで足を伸ばす。高齢化の影響で担ぎ手不足に悩む祭りの手助けになることもあり、快く迎えてくれることが多いという。自分たちの街を中心に、さらに外の世界ともつながっていく新しい祭りのスタイルがそこにはある。また祭りに子供を一緒に参加させ、日本の伝統文化や大人社会のルールを学ばせている若い父親や母親の姿も。祖父母世代にとっては、小さな手を引いて祭りに連れていった息子や娘たちが大人になり、孫を連れて大好きな祭りに帰ってくるという、この上ない親孝行。家族間でさえ、会話がなくなり、絆やつながりが希薄になりがちな現代において、祭りを中心とするコミュニティでは見事に血の通った社会が形成されている。これこそが、人々を祭りに引き寄せる最大の理由なのかもしれない。そもそも18世紀において人口100万人とも言われ、世界で最も栄えたという江戸の街でこよなく愛された祭り。民衆の間で人気を誇った古典芸能などよりも、祭りの生み出す高揚感とエンターテインメント性に多くの庶民は心酔した。だからこそ現代まで数百年の時代を越えて祭りは守り受け継がれ、その結果として「そこにあった」のだ。祭りに参加することに理由はいらない。なぜなら祭りが血の通った存在として、今もそこにあるからだ。あなたも必ずや、そこで祭りに夢中となることだろう。


Japan National Tourism Organization
日比谷大江戸まつり, 2018年6月8日-9日-10日, 東京都千代田区日比谷公園, お神輿, お囃子, 阿波踊り, よさこい, 日本伝統文化芸能

 

日比谷大江戸まつり〈HIBIYA EXPO 2018〉

 

■開催日:2018年(平成30年) 6月8日(金) 9日(土) 10日(日)

■会場:日比谷公園(東京都千代田区)

 

*ボランティア参加・出演者 募集中!


 

祭りでつながる人、祭りでつながる地域、祭りでつながる未来。

 

リアルジャパン'オンは、

日本の祭りと祭りを愉しむ人々を応援します。


更新情報

 

2018.02.21

お祭りフォトギャラリー建国祭・奉祝神輿パレードの写真37点を更新

 

2018.02.20

お祭り投稿写真 >第2回オン会:ばねさん

お祭りフォトギャラリー建国祭・奉祝神輿パレードのダイジェスト動画を公開

 

2018.02.19

'on BLOG >「第2回 オン会」お陰様で愉しく終了いたしました!

 

2018.02.15

お祭り投稿写真 >建国祭:てっぽうさん

 

2018.02.14

お祭り投稿写真 >建国祭(紀元祭)奉祝 神輿パレード:浦安當穆 坂本真実さん、トッキーさん

 

2018.02.13

お祭り投稿写真 >建国祭:ばねつーさん、たまろさん

近日開催お祭り情報 >湯島天神梅まつり 神輿渡御

 

2018.02.6

お祭り投稿写真 >駒込神明上町会 宮元大神輿修復完成お披露目式:浦安當穆 坂本真実さん

 

2018.02.5

お祭り投稿写真 >寒中神輿練成大会:町田優貴さん

 

2018.01.30

'on トピックス > 日比谷大江戸まつり〈HIBIYA EXPO〉参加・出演者募集

お祭り投稿写真 >宮元大神輿修繕完成お披露目式:ばねつーさん、まっさん

 

2018.01.29

'on BLOG > 建国祭 奉祝神輿パレードは、2月11日(日・建国記念日)

お祭り投稿写真 >大島椿まつり:てっぽうさん


real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on