The power of “wa” found in matsuri 04
祭りで出会う、和のチカラ。 04

In old days, the common call used when carrying palanquins in Tokyo was "essa, essa", which was famous as "Edo-mae katsugi". But these days, the call is mostly replaced with "oisa", "seiya" or "soiya". The change may have something to do with attempts of palanquin clubs to remove local territorialities and promote palanquin carrying widely. At one point of time, young people averse to old customs walked away from festivals, which caused a shortage of palanquin carriers. This was when a number of palanquin groups were formed, which took part in festivals as "helping hands" to carry palanquins and enjoy festivals. These groups have young females and small children and the children are taught by unrelated adults rules and customs necessary to carry palanquins properly. If they violate "the big no-no" of getting on the palanquin without permission, they will be socked without further words.

 

This way, they will learn by themselves how to get along in the adult society, then to respect the seniors and deepen their understanding of local cultures. It may be rightly said that the popularity of palanquin groups is supported by a virtuous circle in which festivals help re-create bonds of people in Tokyo where good attributes of local communities tend to be fading, and such bonds, in turn, attract young people and females.


When taking part in festivals, you can follow traditions or you can try new ways of participation. How to enjoy festivals differs from people to people but it seems certain that festivals themselves will be passed on to future generations.

〈KANDA MATSURI Festival〉Kanda, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈KANDA MATSURI Festival〉Kanda, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈SANJA MATSURI Festival〉Asakusa, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈SANJA MATSURI Festival〉Asakusa, TOKYO ⓒreal Japan 'on

〈KANDA MATSURI Festival〉Kanda, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈KANDA MATSURI Festival〉Kanda, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈TORIGOE Shrine Festival〉Kuramae, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈TORIGOE Shrine Festival〉Kuramae, TOKYO ⓒreal Japan 'on

 かつて東京では神輿を担ぐときに「えっさ、えっさ」という掛け声が江戸前担ぎとして有名だった。しかし、近年では東京のほとんどの祭りで「オイサ」「セイヤ」「ソイヤ」という掛け声に替わってきている。これは地元という枠にとらわれず神輿を担ぐ、神輿同好会の影響もあるだろう。一時は古いしきたりを嫌う若年層離れにより、神輿の担ぎ手不足が深刻になっていたことがあるという。

 

 そんなときに生まれたのが神輿担ぎの「助っ人」として参加し、祭りを楽しむ人たちの集まりである神輿同好会だ。若い女性や小さな子供たちの参加も多く、そこで子供たちは血縁関係の無い大人から神輿を担ぐためのルールやしきたりを習う。勝手に神輿へ登るなどというご法度を犯せば問答無用のゲンコツが飛んでくるのだ。おのずと大人たちが生きる社会との関わり方を知り、ひいては年長者への礼儀を覚え地元文化への理解を深める。

 

 地域のコミュニティが失われがちな大都会東京で祭りを機軸とした人々の絆が生まれ、またその人情味あふれる絆に憧れて若者や女性が集まるという好循環が、神輿同好会の人気を支えているといってもいいだろう。

 

 伝統を重んじるもよし、新しいカタチで参加するもよし。楽しみ方は人それぞれだが、祭り自体が次の世代へと受け継がれていくのは間違いないようだ。

〈TORIGOE Shrine Festival〉Kuramae, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈TORIGOE Shrine Festival〉Kuramae, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈SANJA MATSURI Festival〉Asakusa, TOKYO ⓒreal Japan 'on
〈SANJA MATSURI Festival〉Asakusa, TOKYO ⓒreal Japan 'on

share this


     click here!
     click here!

 

Matsuri costume Han-ten Collection

 

氏子町会/神輿同好会の会員募集、担ぎ手募集インフォメーション


 Movie of the 'TORIGOE' shrine festival.

Kuramae, Taito, TOKYO〉


Japan National Tourism Organization

祭りでつながる人、祭りでつながる地域、祭りでつながる未来。

 

リアルジャパン'オンは、

日本の祭りと祭りを愉しむ人々を応援します。


更新情報

 

2018.01.18

第2回 オン会 >お祭りユーザー交流イベント「第2回 オン会(2018年2月18日開催)」の参加受付を開始

 

2018.01.12

近日開催お祭り情報 >建国祭 奉祝神輿パレード/第86回 しもきた天狗まつり

 

2018.01.11

お祭り開催情報ページ

近日開催お祭り情報 >第63回伊豆大島椿まつり

 

2018.01.10

お祭り公式プレスリリース >成田の梅まつり

 

2018.01.09

お祭り投稿写真 >遊行寺 元旦祭:kazz神輿さん

 

2018.01.06

お祭り投稿写真 >千住大川町・氷川神社初担ぎ:サゴ☆さん

 

2018.01.05

お祭り投稿写真 >清水八幡神社 志連会 年越し神輿渡御:まっさん/大磯元旦神輿:町田優貴さん

 

2017.12.28

'on BLOG 豊かな心を育てよう「たくさんの人とのかかわり」

 

2017.12.27

2017 今年の祭りを振り返る⑥ > 青山熊野神社例大祭/久我山稲荷神社秋季例大祭/花畑大鷲神社式年大祭/福樹會一周年記念神輿渡御

お祭りポスターギャラリー > 迎春 神田明神のお正月:二郎さん/師走大祓式:二郎さん

 

2017.12.26

2017 今年の祭りを振り返る⑤ > 牛嶋神社大祭


real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on