Feel the Rising Fever of Traditional “Matsuri” 01

祭りに夢中 01


The enormous power and energy of the local people is gathered and incorporated, an extraordinarily exciting and uplifting feeling is created for the "Matsuri".Although traditions and conventions are inherited for generations through "Matsuri", irrespective of age or sex, everyone can truly enjoy the "Matsuri" atmosphere.  Once you are addicted to the charm of "Matsuri" festivals, you are already in love with the strong beat of festival songs and the calls of the miniature shrine carriers.

"Edokko", the true-born Tokyoite, loves fires, fights and festivals.

 

 For the "Edokko", "Matsuri"  definitely existed since they were born.  We asked one of the "Matsuri" lovers what makes "Matsuri" so attractive to his life.  He says I can meet many people by participating in "Matsuri".  I can make new friends every time I join a "Matsuri".  Sometimes, I have a reunion with a friend I met at one of the "Matsuri"s before this "Matsuri".  We just have a common "Matsuri" lovers conversation and share the feeling of enjoying the "Matsuri" together.  We were closely united because of the "Matsuri" before I knew it.  Even without exchanging a word, they can share their sense of unity by carrying the same miniature shrine and feeling a sense of togetherness coming from the "Matsuri".  The "Society" built by the "Matsuri" is certainly functioning here, which is easily forgotten by modern society which respects more to the "Individual".  "Matsuri" can consist of people with various roles.  They are the miniature shrine carriers, "Matsuri" organizers, security guards, fast food stall operators, and more.  All these people are united through a "Matsuri" and the association is extended to a wide circle of people. Through their affinity as "Matsuri" lovers, they all have a common sense of courtesy.  Whenever they visit the other regional festivals, they will bring a bottle of "Sake" as the hospitality gift and greet the local people with self-introduction as a visitor. They all know this courtesy greeting is very important to build a "Matsuri" society between the locals and the visitors.

 なぜ祭りに参加するのか?

という質問に「そこに祭りがあったから」と答える人の数は、予想をはるかに超えて多い。「祭り好きの両親につれられて…」「祭り囃子を聞くと機嫌が治る子供で…」「実家が祭り仲間の寄り合い所で…」などと、数え上げたらキリがない。下町には3代、4代と続く祭り好きなどサラブレッドのような家系もざらに存在する。火事と喧嘩、そして祭りをこよなく愛する、まさに江戸っ子。彼らにとって、間違いなく祭りは生まれた時から「そこにあった」のだ。

 

 しかし、祭りに参加することが空気と同じような環境にあっても、必ず祭りが好きになるとは限らない。それでも祭り好きの人々から聞こえてくる声は、神輿なんて漢字の読み方も知らなかったような人間をもひきつけるほど魅力にあふれている。「祭りを通していろいろな人と会える。毎年違う人と知り合える。よその祭りで知り合った人と、また別の祭りで出会えたりする。祭りが好きという共通の話題から会話が広がり、知らないうちに結びつきが深まっている」と、ある祭り好きは語る。言葉を交わさずとも同じ神輿を担ぎ、祭りの空間に流れる一体感を共有する。「個」を尊重する現代では忘れられがちな「社会」が、そこでは確実に機能している。

 

 そんな大人の姿を見て育ったから、 自分が仲間のひとりとして祭りに初参加できた時の想いは格別のようだ。街の一員となれた、大人として認めてもらえた、初めての締め込み(フンドシ)で心まで引き締まった…など、成人としての通過儀式に似た趣がある。同じ目的を持った仲間とひとつの神輿を担ぎ、日常では感じることのできない高揚感と一体感に生きることの実感を味わう。なかには「祭りの1日を全力で楽しむために、残りの1年間がある」という熱烈な声も。彼らにとって祭りは準備の段階からすでに始まっており、無事に祭りの日を終えるとすぐに来年の祭りについて考え始める。まさに祭りのために生きているようなものだ。


Japan National Tourism Organization

祭りでつながる人、祭りでつながる地域、祭りでつながる未来。

 

リアルジャパン'オンは、

日本の祭りと祭りを愉しむ人々を応援します。


更新情報

 

2017.10.24

【特集】牛嶋神社大祭・投稿写真 > 牛嶋神社大祭:村田英雄さん、物江真理子さん

 

2017.10.23

【特集】牛嶋神社大祭・投稿写真 > 牛嶋神社大祭:奥村幸男さん、二郎さん

 

2017.10.21

【特集】牛嶋神社大祭・投稿写真 > 牛嶋神社大祭:tkcさん、大竹敬一さん、坂本祐一さん

 

2017.10.20

【特集】牛嶋神社大祭・投稿写真 > 牛嶋神社大祭:勝谷タロウさん、横尾武士さん

 

2017.10.19

【特集】牛嶋神社大祭・投稿写真 > 牛嶋神社大祭:奥村幸男さん、わっくんさん

 

2017.10.18

お祭り投稿写真 > 第十五回大江戸神輿祭り :朝日會さん、坂本真実さん

秋祭り特集2017 > 第26回 萩・世田谷幕末維新祭り

 

2017.10.17

お祭り投稿写真 > 駒留八幡神社例大祭 :S-Sさん花畑 大鷲神社 式年大祭 :長谷 健太郎さん

 

2017.10.16

お祭り投稿写真 > ところざわまつり :町田優貴さん/鹿嶋神社例大祭 原町会:てっぽうさん

 

2017.10.14

お祭り投稿写真 > 小右衛門稲荷神社大祭 :町田優貴さん/花畑大鷲神社式年大祭:seaさん

 

2017.10.12

お祭り投稿写真 > 大戸神社秋季例大祭 :大戸睦さん/柴又八幡神社例大祭 :トッキーさん

 


real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on