road of the お神輿, malicoのお祭りはじめて体験記

Episode.1

アンチお神輿の私が、お神輿を担ぐまで

 お神輿を担ぐことに生きがいを感じている人は、すごく多い。または「お神輿=人生」なんていう方が、たくさんいらっしゃることは知っている。

 

だけど私には「お神輿+近所付き合い=とにかく面倒くさそう」という図式しかありませんでした。


そもそも、朝早い時間から重いお神輿を担ぐなんて、楽しそうになんて決して思えません。

 

そして、なんだかヤンキーにしか見えない怖そうな人たちばかりだし。別に私は日本を背負っていないし、そもそも生まれ育ちがお神輿に熱かったわけでもないし…。

 

地元意識も薄いから「先輩」、「後輩」の縦社会なんて仕事だけで十分! って思っていたし。親が「町会面倒くさい」って言っていたし…。


友達伝てには聞いていたもののお神輿の同好会は、なんかイメージ悪し。


面倒な恋愛事情に、さらに毎回呑みがあるわ、欠席は許されないわと、勝手な印象を持つ私。

と思っていた私がお神輿を担いで、しかも毎年やることになるなんて、その時は微塵にも思わなかった。本当に。


 そんな私が、お神輿を担ぐきっかけになったのは、近所の呑み屋のマスターの一言、「まぁ、とにかくおいでよ」と。いつもお世話になっているし、マスターが面白いって言うんなら…。と思ってついて行ったのがきっかけです。


とはいえ、アンチお神輿の私は「これは、野外フェスだ! フジロックと変わらないんだ」。と自分に言い聞かせ、楽しむための理由を探していたのは、正直なところ。

 

そんなわけで、半信半疑で参加することになった「お神輿」。


参加するには「準備」が必要? 準備といっても何をどう準備したらいいのやら?


以前ホンの少しだけお茶のお稽古を嗜んだことがある私。同じ日本文化として共通点はあるのか? お茶のお稽古のように、着るものにルールや作法が必要なのか?


そんなクエスチョンだらけのお神輿への道がスタートしたのでした。

 

malico

 

次回へつづく



*writing/malico

オフィスワークに家事・育児、PTA活動やママ友とのお付き合いなどなど…、目まぐるしい日々を送りながらも、小学校2年生の愛らしい娘をもつ一児の母。埼玉県生まれの東京・港区育ち。

 

*illustration/T-hirano

 

share this

祭りでつながる人、祭りでつながる地域、祭りでつながる未来。

 

リアルジャパン'オンは、

日本の祭りと祭りを愉しむ人々を応援します。



real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on