はじめての「浅草・三社祭」公園町会神輿体験

 日本の祭りを初めて目にしたのは、2007年にバックパッカーとして初めて日本を訪れた時のことでした。私は浅草の三社祭を見て、機会があれば是非参加したいと考えていました。

祭りを目にした際、私にとって一番印象的だったのは、皆が放つエネルギー、参加者が心から楽しむ様子、神輿の担ぎ手同士の友情、参加者たちの努力、そして大勢の群衆の中で保たれる秩序でした。

それから10年の月日が流れた今、私は仕事で東京に住まいを構えるようになりました。以来、日本語を話せなくても、また神道の信仰者でなくても、どうしたら祭りに参加できるか、方々に尋ねていました。



 今年は「real Japan on」の皆様、そして繋いでくれた会社の同僚のお陰で参加が認められたことで、人生で貴重な体験をし、一般的に外国人があまり経験することのない、異なる角度から日本を眺めることができたと思います。

 当日、私は参加できる嬉しさに興奮し、朝5時頃には目が覚め。9時に集合場所の居酒屋に到着しました。その際、招待して下さった鈴木さん(『師匠』)に出迎えられました。参加者の多くの皆さんにも暖かく迎えられ、1日の予定、祭りの慣わし、衣服、そして神輿の担ぎ方についてコツを学びました。


彼らは皆、スペイン人である私のことや、祭りに興味を持った理由について関心があったようで、 スペインでも同じく「聖週間」(スペインではProcesionesといいます)に祭りが開催されると説明し、 彼らに写真を見せると、日本とスペインの文化の違いとともに、共通点があることにも驚いていました。

さて、安全を祈る祈祷を受け、いよいよ神輿を担ぐ時間が来ると、本当に胸が高鳴りました。 神輿は重いだろうか? 多人数なら軽いだろうか?  私は日本人でなくとも受け入れてもらえるだろうか? それとも不満に思われるだろうか?


 私の不安は最初の1〜2分で解消されました。神輿を担ぐのは非常に重労働でしたが、同時に本当に楽しく、とてもエキサイティングなものでした。 彼らにも神輿をしっかり担ぐという大きなプレッシャーがあるにもかかわらず、人々は私を歓迎してくれました。

 今回、素晴らしい機会を与えて下さった「real Japan on」の皆様と、繋げてくれた会社の同僚に心から感謝しています。 いつまでもこの思い出を大切にします。ありがとうございました。

 

2017年5月22日

ハビエル アセンホ

 



share this

My First experience of "Yaegaki Shrine Gion Festival" Chiba Prefecture.

▲祭りとの出会い_ex2

はじめての体験「八重垣神社祇園祭」(千葉県匝瑳市)

NPO法人 日本お祭り推進協会リアルジャパン'オンは日本の祭りを応援します。

観光庁, DISCOVER the SPIRIT of JAPAN
世界が夢中な東京へ, Tokyo Tokyo Old meets New
 日本政府観光局, JINTO


東京2020オリンピック・パラリンピック, TOKYO2020,


real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター
リアルジャパン'オン 公式YouTubeチャンネル
リアルジャパン'オン:メール問合せ


*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文章、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。

 

特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on