多度祭 5/4~ 5/5

多度祭(多度大社)
場所:三重県桑名市多度町「多度大社境内」
開催日時: 5月4日1時頃~ 5月5日2時頃~
 
多度大社の例祭は、一般的に多度祭と称し、毎年5月4日・5日の両日に行われ、その中でも上げ馬神事、流鏑馬神事は、祭の花形であり、その起源は南北朝の頃に始まったといわれている。元々は武家豪族ならびに、氏子逹が古式のまま、神様に奉納する行事として行っていたとされるが、織田信長の兵火にかかり、神社も荒廃したため、約30年余の間中断していたところ、徳川家の時代となって、時の桑名城主、本多忠勝公が神社の再興に力を注ぎ、3基の神輿を奉納、続く第2代城主・本多忠政公により祭事が復興され、更に御厨(神饌を供える地区)組織による広大な祭事となって、今日に至っている。

 

多度祭には古くから農作の時期や豊凶が占われてきたが、近年は景気の好不況など様々なことが占われている。又、勇壮な神事・祭馬にあやかり、商売繁盛・社運隆昌・学力向上等を願う人々も多い。 (三重県無形民俗文化財)

 

 

問い合わせ:多度大社 tel.0594-48-2037
(多度大社)
'on 2012年4月14日

real Japan 'on  official facebook

real Japan 'on  official Twitter


リアルジャパン'オン 公式フェイスブック
リアルジャパン'オン 公式インスタグラム
リアルジャパン'オン 公式ツイッター


特定非営利活動法人

日本お祭り推進協会 リアルジャパン 'オン

 

Specified Not-Profit Corporation

Japan Festival Promotion Committee

real Japan 'on

 

*掲載されている祭りや祭礼の写真などに関しましては、関係団体からのご了承を得て取材や撮影を行っております。

*当ウェブサイトに記載されている文字、画像等の著作権は、すべて当方に帰属しています。個人法人を問わず承諾なしに無断で転用、複写することはできません。